「デジタルスキャンの世界へ、ようこそ」

弊社の2階に「籠城」していると噂の3Dラボチーム。一体、このチームは何をしているのか、社内でも謎めいております。各メーカー様やパーツ製造会社様からのご依頼をいただき、コツコツ仕事をしているようですが……

Text: Kenichi WAKATAKEMURA Photo: Starcraft

スタークラフトの2階には、スキャンルームがあります。FARO製のスキャナーを使って、日々様々なものをスキャンしています。大きいものは自動車のフロアパネル、小さいものはヘッドランプの光軸調整用のギアと幅広くスキャンを行っています。

3Dスキャンデータは、まずはこのような形でデータとして取り込まれます。解像度を見てみると比較的高いように感じられますが、このぐらいの精度で3Dプリンタにロード、出力してみるととんでもないものが出来上がります。

意外に思われるかもしれませんが、CADデータの修正にはかなりの労力と時間を必要とします。私たちが得意としているのは、3DスキャンデータのCAD化です。ちょっとした自慢ですが、1万個を生産する金型用のCADデータの作成なども社内で対応させていただいております。

また、生産方法のご相談もよくいただきます。1個生産する、100個生産する、1万個生産する、お客様のご要望をお聞きしてベストな生産方法をご提案いたします。整備や修理にも職人技が必要ですが、デジタルの世界でも職人技が必要となってきます。

オリジナルの商品も随時開発しております。お楽しみに!

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on linkedin
Share on whatsapp
Share on skype
Share on email
Share on print