「輸入部品調達部長探訪記8 電線の上の鳥2」

先週に引き続き、ワイヤーのお話。絶版部品というのは確実にワイヤーの世界にも存在するそうです。そうなると、3Dプリンタの出番が待っているようで……。

Text/Photo: BB部長

前回の続きです。

パゴダマニア情報交換サイトの書き込みにあったドイツの古いレストア専門雑誌の記事から、かすかな情報をたどりやっとのことで見つけたのは、スイス国境に近いドイツ南西部の古都にある家族経営の小さな工房でした。

問い合わせまで漕ぎづけてメールの返事を待つこと4日、返事が返ってきました。ドイツ人らしい丁寧な文面で、通常は車両を預かりオーナーの意向に沿ってオプション追加も聞きながらハーネスを引き直すワンオフ製作が基本のやり方の様です。ただ今回は私の急ぎの要望に対して人気のあるパゴダ用は数多くの経験上からデータもあるので、製作してくれるとの返答に安堵します。数回のメールでのやり取りにて、社長の人となりを知りしっかりした技術があるのを確信します。

ドイツにあるこの工房では、やはりドイツ車を得意としていますが、40年近くの経験と技術の高さからイタリア、イギリス車また他のクラッシクカーも欧州全土から入庫しており、昔ながらの熟練した手仕事だけでなく最新の技術も取り入れていたのが、製品の出来上がりに確信が持てた理由です。

前回紹介したコットンブレードの配線も自社の製造機にて製作しており、1950年代の300SL ガルウイングに使われていたオリジナルコットンブレード配線も再現しています。

配線だけでなく、現在は入手困難なコネクター等は3D プリンターでオリジナルを再現し製作しています。

地方にある小さな工房でも、最新の3Dプリンターを所有して活用し熟練の技術だけでなく、より良い物を製作するためには新しい技術も直ぐに取り入れるドイツ人の物作りに対する探究には、やはり工業先進国としての底力を実感します。

製品の良さには確信が持てましたが、あとは納期です。暇な夏だった季節も良かったようで、なんと!2週間で製作してくれるとのことです。

前回紹介の早いイギリスのショップでも通常2か月納期でしたが、2週間とはびっくりする速さです。季節が良かったとのことですが、夏が暇な季節とは?欧州の長く厳しい冬の間は大事なクラッシクカーに乗れないので、ドライブを楽しめる次の季節が来るまで、秋から春までの長い期間を使ってレストアや大きな修復などの為にショップに預けたり自分のガレージで修理することを楽しんだりと、レストアの繁忙期になるとのことです。

日本では、蒸し暑い夏の季節はクラッシクカーにはキツイ季節であり春秋がベストシーズンですが、冬も十分にドライブを楽しめる季節で、あまりレストアする季節の特定がありません。季節の変化が少なく快適なアメリカ西海岸では乗るのもレストアするにも常にベストシーズンですが♪

クリスマス時期などの物流全体が停滞する季節以外に、欧州でのレストア繁忙期の季節を気にしていなかったのは、まだまだ勉強不足でした。今回は、この季節も要素に考えながら仕入れをすることを学びました。

勿論!2週間で製作できるとのことで二度とない好条件に早速発注です。本当に2週間で作ってくれるのかとの心配でしたが、さすがドイツ人、何度もメールでやり取りで細かい仕様など、オプション設定のハザードスイッチやバッテリー回りハーネスなどの追加も直ぐに対応してくれます。

また、この工房では欧州以外の取引が無かった為に郵送でしか発送を行ってなかったのを、こちらの要望で早く確実に届けてもらうために、わざわざDHLと契約してくれたりと製作以外にも助けてくれます。

値段的には、前のイギリスの工房製より高くなりますが、量産でなく急ぎのワンオフ製作で仕上がりもかなり良いものと思われる製品では、仕方ありません。後は、良いものが届くのを待ちます。

2週間後、きっちりと完成連絡が入り直ぐに発送してくれることに、そしてその4日後にはドイツの田舎町から到着!なんと、やり取り開始から3週間で手にすることができました。さすが! 欧州で一番キッチリとしてるのはドイツ人で間違いないです。(BB部長談)

早速に製品確認です。見た目に良い造りです、通常のフルハーネスキットでは付いていないスイッチ等に接続されるコネクターやシールブーツ等は別で用意するか元の物を使うかしないといけないのですが、それらが設置されており手間と追加パーツの必要がなく、結果的に安く仕入れる事が出来ました。

コネクターは入手しにくいパーツで毎回困りますが、3D プリンター製作製のものがしっかり取り付けられており本当に助かりました。

以前に仕入れたオリジナルのフルハーネスキットが上の画像です。下が今回の物ですが見比べても全く遜色なく並べてみないと解らないレベルの上に中身は現在の良い材料で製作されてます。

車両に取り付けてもオリジナルと長さも同じで無駄なくキッチリしており良い製品と感嘆します。

毎回こうも上手く行かないことも多々ありますが、今回は何とか間に合わせた上に最良のパーツ調達にて 絶体絶命から脱出成功です(^^♪

早速に感謝と来年ドイツに行ったの時には是非とも工房に訪問したいことをメールで伝えると、訪問してくれることを楽しみにしてるとの返事をもらい、新しく最高の取引先が当社に加わりました♪

フルハーネスキット交換、電気周り、配線補修、等当社にご相談ください。