「夏休み オトナ電話相談室」

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしですか?夏休み特別企画、悩めるオトナの電話相談室の時間がやってまいりました。今日のご相談は「海外で恋に落ちました」。

Photo/Text Star Craft KOBE
回答する人:若竹村健一 (海外自動車専門家 以下:若)

若:もしもし、若竹村です。どうしましたか?

相談者:(以下:相)あ、はじめまして! 海外で恋に落ちました。

若:だいたいやねえ、海外行って盛り上がったんでしょ。どこに行かれてたの?

相:アメリカです。

若:トランプさんの国やね。で、何に恋に落ちたわけ?

相:クラウン・ヴィクトリアです。

若:まさか、パトカーやないやろね?

相:まさかの、パトカーなんですよ。すごく欲しくなりました。



若:あのねえ、パトカー仕様って車体番号が違うって知ってました?
  フォードの場合は、Police Intercepterっていうんです。
  車体番号の中にP71って番号が入っているんですよ。P7Bという
  モデルもあるんですね。

相:そうなんですか。で、どうすれば買えるんですか?

若:先ずは、スタークラフトに電話やね。その前にですよ、しっかり
  このサイトをみて研究してください。
  (Ken Porter Auctions: https://www.kenporterauctions.com
相:先生、このサイトを見ていると、結構10万マイル超えてる車が多い
  ですが、大丈夫ですか。

若:基本的にはタフですよ。何しろ、パトカー上がりからあと20万マイル
  ぐらいはタクシーで使われますから。だけど、気をつけんといかんのは
  トランスミッションは見た方がええですね。あと、シートもへたってる場合
  がありますから、これはアメリカでシート屋に張り替えとかアンコを入れ直す
  とええですよ。そういう細かいことは、カリフォルニアに提携工場がある
  スタークラフトに任せればええんです。

相:あとは、なんか特徴がありますか?

若:サスペンションが固いんですねえ、アメリカ車としては。異例に固い。
  あと、多分この車は2010年ぐらいの基準で行くと世界で一番安全な
  車なんですね。

相:え、まさか?

若:本当ですよ!だって、警察専用車両ですからね。時速60マイル
  (約96キロ)でフルラップ衝突試験しても乗員は死なないように
  設計されているんです。だから、車体番号が違うし、
  フレームの構造が全く違う訳なんですよ。


相:意外でした。

若:よくテレビで見るでしょ、フリーウェイで職質していると
  車が突っ込んでくる映像。アメリカの警察官がヤワい車で
  パトロールしてたら毎日、殉職者が出るわけよ。

相:確かに・・・・。ところで、新車は買えないんですか?

若:買えないんですね、絶対に。買うときは、基本的にセキュリティ会社か
  警察関係じゃないと、フォードのディーラーも売らんわけよ。だって、
  あんなデザインしてるけど走れば「ちょっと並みじゃない」って乗り味よ。
  しかも、売ってないし、もう。

相:予算はどのくらいでしょうか?

若:だいたい、オークションで5000ドルぐらいですね。あとは、
  どう仕上げるか、だと思いますよ、ええ。ええんじゃないですか、
  オトナが遊ぶ車としては。
Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on linkedin
Share on whatsapp
Share on skype
Share on email
Share on print